犬ころをおむかえしてしまいました

飼っていた犬が亡くなり、生き物はもう・・・と言いながら

ボーダーコリー トライカラー

 ボーダーコリーのトライカラーの子犬をおむかえしました。
 2020年3月10日生まれの子です。この写真はブリーダーさんから頂いたものです。

 ブリーダーさんはBigBoyさんというところで、オーナーの方は、気さくで優しいかたです。
 ボーダーコリー、といっても「ワーキングドッグ」に高いポリシーと知識と経験をお持ちで、うちに来た子もいわゆる「ショータイプ」ではなく「牧羊犬」です。

遠方の子犬のお迎えは空輸

 前は陸路もあったということですが、今はほとんど空輸だそうです。
 空港の「貨物」の受け渡しエリアに行きます。
 警備のかたがいて、受付をしてから航空会社の貨物受け取りのカウンターに行きます。

 免許証なのどの身分証明が必要になり、車のナンバーも記入しますよ。

 やっとこさ、車の中に収納w
 ケージはブリーダーさんによりますが、前の子はその場で航空会社のほうへ返送の依頼をしました。
 今回はお持ち帰りのケージです。

 ただ、空港に犬を迎えに行く場合は、マイケージは絶対積んでおいたほうがいいと思います。
 わんこお迎えにあたり、キャリー用ケージは必ず必要になりますから、室内用ケージとは別に、車載用をうちでは用意してます。

速攻で爆睡!大物なのか、お疲れ様なのか

 帰りの高速でもぐっすり。でした。空港カウンターでは少々鳴いていたのですが、そのあとは寝てしまいました。
 3月10日に生まれて、生後50日で大冒険です。疲れちゃったかな。

 帰宅しても爆睡。やはり大物ちゃんのもよう。

やはり牧羊犬。本能の力はスゴいです。

 ボーダーコリーは二匹目なのですが、前の子(ストーム)も牧羊犬の子で、とても本能の強い子でしたが、今回の子はそれをさらに上回る「それゆけ野生魂」な感じです。
 人の手でも食いついたら、しっかり振り回し、獲物にトドメをさそうという行動が見られます。
 歩く人の足もとに食らいつく行動も、ハンターらしいです。

 起きているとハンター。寝ていると天使。かわいいの一言。
 少し暴れてはこてん、と寝るの繰り返しです。
 お水はたくさん飲むので、いつもきれいな水を用意。そして・・・・「ちー」たれるのでペットシーツも常備。
 寝起きに「ちー」が多いので、よく見ながらおしっこのタイミングでペットシーツの上に誘導。

 爆睡するおちりと肉球がかわいすぎるのです・・・。

 子犬をお迎えするのは、久しぶりなので、いろいろ勉強しなおさなきゃいけないことがたくさんです。
 ディスクは教えようと思っています。
 
 これからこの子の成長記録もUPしていこうと思います。

あ、名前は
Snakes of Chain Lightning
です。

 友たちの「つけたい」という名前をあれこれとくっつけてしまいました。

 うちの犬のネーミングはけっこう適当です。
 初代「ハンニバル」確かドラマかなんかだったような気が。ただ、じいちゃんが覚えられず「はに丸」に。
 次の子が「伝蔵」。これはおじいちゃん、いっぱつで覚えられてよかったです。
 その次が「ストーム・フロント」ビリー・ジョエルの曲から。
 つぎが「キャス」けっきょく「きゃっちゅん」と呼ばれることに。

 今回の子は友たちが選んでくれました。
  呼び名は「スネイク」になるかと思いますが、いまは「ちゅねーく」ぐらいです。
 犬にヘビとつけるのはどうかと思ったのですが・・・・友イチオシの名前なので。
まあ、呼びやすいし、いいか、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。