中二病のような症状の9か月病の犬

突然興奮!1歳未満の犬にあるあるのドッグスイッチ

だいたい生後7か月から1歳ごろまでに頻発する、ドッグスイッチ

突如、理由もないのに興奮して、明らかに犬自身、自分で自分をコントロールできない状況です。

叱っても興奮は激しくなる一方。

ちゅねはとにかく興奮しやすいタイプで、ひとたびドッグスイッチが入ると、走り回ってとまりません。

ドッグスイッチが入ったらどうすんのよ!

こういうときは無視・・・したいのですが、無視すると室内を破壊されそうなので、ウチではクレートに入れてしまいます。

うまく捕まえられない場合は、室内でもリードは外さないほうがいいようです。

ちゅねはずっと室内リードをつけていましたが、最近は興奮しても、おやつにカンタンにつられるようになったので、室内リードはちょくちょく外すようになりました。

・・・が、ここでトレーナーの先生からダメ出しが入りました。

クレートを反省室にしないほうがいいよ

クレートを懲罰に使わないほうがいい!!

クレートにはいつでも気持ちよく入ってもらわないといけないので、叱られる→クレート、という構図が犬のアタマで出来上がってしまうと、クレート拒否が始まるからだそう。

というわけで。

うちでは「コラ!クレートに入って反省しなさい!!」

ではなくて「クレートに入って瞑想するんだよ~。マインドフルネスだよ~。今の興奮した自分と向き合うんだよ~」

に変えました。

で先生に聞いたら、

「犬にとってはいっしょですね」

だそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)