ドッグスイッチ

ドッグ・スイッチ

 

犬(子犬も)が暴れる ドッグスイッチ

ドッグスイッチ・・・
 ひとたび入ると犬は走り続けたりぐるぐる回ったり・・・。たぶん自分でもなにやってるのだかわからない状態。
 まあ、興奮して自分をコントロールできなくなるみたいです。子犬の頃によく起こりますが、大人になってもスイッチの入る子は入りますし、一年に一回、などごくたま~にスイッチオンになる子もいるみたいです。

 犬、子犬が暴れることはよくあって、知り合いの犬はスイッチが入ると、テント(キャンプに行くとスイッチオンなのです)の周りをひたすらぐるぐるぐるぐる・・・と倒れるまで周り続ける子がいました。
 対処としては「落ち着かせる」とはいいますが、そう簡単にいかないのがこのスイッチ。

 ちゅねの場合、食いしん坊なのでおやつを見せると「ぴた」とやめてよってきて、お座りします。

 スイッチオフの方法は犬によってかなり異なります。こうしたらいい、とか、こうしちゃいけない、が見つけにくいのが「ドッグスイッチ」が入った状態。

 大きい声で怒っちゃいけない、と言いますが、飼い主に大声で怒られると「しゅん」とすぐにスイッチが切れてしまう子もいました。うちのキャスや伝蔵のように、スイッチ自体が入ったことのない子もいます。
(うちはスト、ちゅねとたまたまボーダーコリーがスイッチの入りやすい子でしたが、犬種は関係ないそうです)

 水鉄砲で静かになる子、ビターアップル(お酢やレモンでも)でも静かになる子、逆に興奮する子。がしゃがしゃ(タルトスト―ンをペットボトルに入れたお叱りボトル)で静かになる子…。

 同じ行動がある子を落ち着かせ、ある子は興奮してしまう。犬によってそれぞれです。

 ためしてみて落ち着く方法をえらんで実行していくしかないのです。大人になるとある程度は落ち着くはずなのですが・・・。

 あとはしっかり運動させると、当たり前ですがスイッチは入りにくくなります。犬だって疲れるんですよね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村・犬漫画ブログのランキングに参加しています。ぜひあなたの肉球でぽちっと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。