犬が悪さをしたときの態度

 ちゅねに限らず、犬は1歳ぐらいまではとにかく悪いです!
 次から次へと休むことなく悪さを繰り返します。

 で、生後4,5か月ぐらいまでは怒られても「けろっ」としているんです。たぶんまだ、悪いことをしている自覚がないんだと思うのです。
 それが、生後半年ぐらいになると「悪いこと」をすると「怒られる」ということがわかってきます。知恵もついてきます。

 すると、悪いことをすると「ごまかそう」とするのです。が。
 ばれっばれ。

 粉砕したクッションの上に居座って何もしてないフリをしたり、バラバラにした雑誌の上にふせて決して動こうとしなかったり、ぴくりとも動かず死んだふりまでします。

 お目目ぱっちりのままですが・・・。そして、しっぽは絶えず緊張して動いています。

 そのうちそういった悪さもしなくなる・・・はず・・・ですが・・・。

 今までの伝蔵(黒ラブ)、ストーミー(ボーダーコリー、白黒、スムース)、キャス(雑種)。みんな大人になったら派手ないたずらはしなくなってはいます。もちろん、たまにはやらかしますが、今のちゅねのように四六時中悪さをする、ということはなくなる・・・と思います・・・たぶん・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村・犬漫画ブログのランキングに参加しています。ぜひあなたの肉球でぽちっと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。