ちゅねとお医者さん

 子犬のころは大好きだった、獣医さん。大きくなるにつれて、お医者さんのところへ行くと不機嫌になりはじめたちゅね。

 わからんちんの子犬のころは、ただはしゃいでいましたが、じょじょに「なんかおかしい」と気が付いたようです。
 ずっとわからんちんのままでいいのにねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)