フィラリアのお薬をもらう

フィラリアのお薬をもらう

子犬のフィラリア予防はおいしいお薬

フィラリアのお薬写真

 成犬のフィラリア予防は注射一本で終わるのですが、子犬は4月頃から11月頃まで月に一度、薬を飲むのです。

 というのも、子犬は成長期で体重が増えていくため、一本の注射では対応しきれないからだそう。毎月一度体重を測って、その体重に合わせたお薬をもらって飲むのです。

 で、これがかなりおいしいらしいのです。もちろん私は口にしたことがないのでわかりません、が、獣医さん説明によると、とてもおいしい。
 ちゅねが喜んで食べるところを見ても、どうやらとてもおいしいらしいのです。

 それはいいとして…。

 生後150日を迎えたちゅね、ことスネーク。ボーダーコリーとはいえスムーズヘアなので、毛が短く、つるつるぴかぴかしています。しっぽが長くてとても蛇っぽい感じです。

 以前は動物病院でははしゃいでうれしそうだったのに、今日から異変が。
 診察室に入りたがらないうえ、診察台にも上ろうとしません。登っても、前はしっぽふりふりとみんなを見まわしてゴキゲンだったのに、今日はべったりと診察台にはりついて不愉快そうでした。

 ちょっと大人になって、いろいろ「快」「不快」がはっきりしてきたように思います。態度も今日は反抗的でした。
 自宅でも同様で、今まではあまり疑問にも思わず入っていたクレートを拒否し始めています。おなかを天井に向けて、入らないように頑張るのです。

 う~~ん、自我の芽生えかなんか知りませんが、ちゅねよ。

 わたしは甘くないぞ。お前のわがままは許さないのだ。

 クレートがイヤなちゅねと、すっかり長くなり(顔も胴体も)つるつるっぴかぴかっと毛並みが光り、ヘビっぽくなったスネークさん。

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村・犬漫画ブログのランキングに参加しています。ぜひあなたの肉球でぽちっと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。