人にもディスクにも合わせないディスクドッグ

 ちゅねにはディスクキャッチを教えているのですが・・・。

 人に合わせないならまだしも、ディスクに出さえ、合わせようとしません。

 まったくディスクのないところで口をぱくぱく、ディスク落っこちてるのにジャンプ。
 足は速いし、まだチビのくせに飛ぼうとしたり。やる気と身体能力はさすがにボーダーコリーらしさを発揮してくれるのですが、なにしろ問題は、その、自己中な考え方。

 協調性が高いといわれるボーダーコリーの性質は全く無視し、オレサマ主義をつらぬきます。

 そして、トドメは取れないと勝手に怒って穴を掘り、ヒトに八つ当たりし、ディスクに八つ当たりし、地面にヘソ天、チン天でひっくり返る。
 自分の口に入らないディスクが悪い、自分の口に投げてくれないヒトが悪い、と言わんばかりの傍若無人ぶり。

 こんな子に育てた覚えは・・・!!

 ディスクを教えるときの、先生からのアドバイスは「1歳になる前に高いジャンプはさせない」でした。
 体が育つ前は、まだまだ足腰が弱いのです。人間の子どもだとしても、当たり前ですよね。早すぎるトレーニングは体をいためてしまうそうです。

 うちで今やっているのはローラー。ディスクを地面に転がして、それを拾わせる遊びです。距離も控えめに。ジャンプも教え始めてはいますが、自分は腰を下ろして、投げだした足を超えることを教えています。
 先代のストームは、最盛期のころ、160センチの身長の私のアタマぐらいまでは飛び上がってました。でも、ちゅねはまだまだ飛ばしません。

すと兄ちゃんのジャンプ。
ハルのなんにもしてないっぷりがハンパないwww

 あとは、これは我が家独特かもしれませんが、ひっくり返して股関節のストレッチをよくやります。前足や後ろ足を曲げたり伸ばしたり。あったりまえですが、これも犬が気持ちよさそうに、面白そうにばたばた足を動かす程度にしてますが、人間と同じ。続けていると確実に柔軟性は上がっていきます。

 ストームはこのストレッチで「軟体犬」と笑われるぐらい体は柔らかく、現役中も一度もケガはしませんでした。

 あ、あと、しっぽのストレッチもしますwww

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村・犬漫画ブログのランキングに参加しています。ぜひあなたの肉球でぽちっと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。