お外にいけないと・・・

お散歩に行けないとき、犬の行動は犬それぞれ

 雨の日。お散歩がなくなってあきらめる犬、暴れる犬、破壊行為に走る犬。いろいろです。

 特にうちの子はボーダーコリーなので、運動ができない、ということに強いストレスを感じます。知り合いのボーダーコリーは、雨が降ろうが雪が降ろうが、危険でない限りは 絶対 散歩に行くそうです。それはそれで大変そうですが・・・。

 我が家では雨の日は基本、お休みです。だから、雨が降っていると、ストーム(漫画では大きいほうのボーダーコリー)は外を見つめて嘆いていることが多かったです。
 そしてちゅね(漫画では眉毛のあるボーダーコリー)は、まだ生後6か月なので、お散歩がない!!!ということ雨が降っているということが結び付きません。

 お散歩に行けない、とわかったらとりあえず、わかりやすいぐらい「がっかり」します。問題はそのあとです。いったんはしょぼん、とするのですが、じょじょにエネルギーがあふれ出してきます。そうなるとドッグスイッチ・オンです。

 家の中を走る走る‥‥。

 ドッグスイッチ、は我が家で勝手に言っているだけのことばで、犬が興奮して言うことを聞かない状態です。走り続ける子もいれば、しっぽを追い回す子もいます。急なストレスに対する発散行為のようですが・・・。そのストレスが天候が悪くお散歩に行けない、というぐらいで発生したら困るわけです。

 うちではこういうときはとにかくおやつで一度釣って、座らせ、落ち着いたらクレートに入れます。そのままではストレスの元はなくならないので、クレートの中で完全に落ち着いたら、ノーズワークなどの、暴れなくても犬が楽しめて、疲れる遊びをします。

 ノーズワークはいろいろやり方がありますが、わたしとちゅねの場合は、単なる宝さがしです。おやつの入ったポーチを部屋中うろついて探すだけです。

 いったん「ハウス」でクレートに犬に入ってもらい、おやつポーチを隠します。はじめはわかりやすく。じょじょに難しくしていきます。

 見つけたらおやつをもらえますが「見つけたよ」の合図は「お座り」にしてます。ポーチを見つけたら持って逃げずに、お座り。そうすると、ポーチの中のおやつがひとつもらえます。うまくいったらまたハウスに入って、二度目。ハウストレーニングとお座りとストレス解消ができるし、犬にとっても宝探しはとても楽しい遊びなので、お勧めです。

 最初はわざとらしいぐらい床の上などに置いておいて、発見の楽しみを覚えたら、タオルの下や棚の中など難しくしていきます。成功させることが大事なので、どうしても見つけられない場合はヒントをあげています。タオルをめくって「ちら」とか棚をとんとんとたたいて注意を引く。あとは犬の鼻が勝手に見つけ出します。

 犬の反応もものすごく面白いし、これをするととたんに静かに、必死になるので、暴れ犬がパートナーの方はぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。