不要不急の外出を控え・・・ないといけないのです

コロナ自粛なので、読書します

 とうとうわが田舎町にも外出自粛の要請がきてしまいました。
 もう、読書するしかない!とばかりに、本を購入です。

 一度読んだものも入ってますが、とりあえずもういっかい読む!

善の研究 西田幾多郎

 前に「NHK100分de名著」を見て感動し、一度読んだのですが、もう一度読もうかと思います。
 西田幾多郎は「禅」に真剣に取り組んだ人でもあります。だから「善」とひとことで言っているものにも「実践」が重要だということのようです。
 もっと理解したいので、再読してみます。

 ヨガも実践が大切とされています。ヨガの哲学も禅の修行に通じるところがあり、流派によっては理屈や哲学より「まずやってみること」をすすめているものもあります
 いちばんはっきり「実践」を重要視している流派が「アシュタンガ」だろうと思います。
 ただし、アシュタンガ・ヨガはめちゃくちゃしんどいです・・・。

AIの魔女 ジェームズ・ロリンズ

 これ、単に帯の「この小説には呪いが埋め込まれている」で、衝動買いです。内容まったくわかりません。前知識ゼロにて挑みます。

 でも、最近はなんでもレビュー、ネタバレ、紹介が多すぎて「初見」「前知識ゼロ」で読むことのほうが珍しくなってしまっています。
「やめとけ~」と思いながら、ついレビューを読んでから買うかどうか決めてしまう。これってつまらないんですよね。
 これは、何が書いてあるのかまったくわからないまま読み始めようと思います!

 呪われるぞ~!

メタルギア ソリッド レイモンド・ベンソン

 これも前知識ゼロです。友のおすすめなので選んでみました。
 ただ、ベンソンさんの「007」シリーズを呼んだ記憶があるのです。
 クライブ・カッスラーとか、クレイグ・トーマスとか、一時ハマっていたので、スパイものだったり軍事アクションだったら楽しみです。

 ただこれ、けっこう同タイトルでシリーズがあったので、最初のもの買っているかどうかが不安です・・・。
 連続ものを最初から読まないと、結構わけわかんなかったりするので・・・。

 でもまあ、扉絵はどう見ても「どんぱち」やりそうな感じなので飽きないかな。

死とは何か シェリーケリガン

死とは何か

「死」という誰でも必ず体験しなくてはいけないものを、スピリチュアルやスーパーナチュラルなとらえ方をせず、徹底して「物理的に」考えていく本です。
 むずかしそ~に感じますが(実際わたしには難しいこともたくさんありました)、とても読みやすいです。多くの哲学書に挫折した人でも結構楽しく読めます。
 内容が内容なので「楽しく」というのは少し違うかもしれませんが、私は楽しかったです。

 ・・・で。この感想は「日本縮約版」を呼んだ感想です。

 ある意味、わたしにとってこれがもっとも「呪いが埋め込まれて」いる本!
 なんで2冊も同じものがあるのか、ということですが、左右の本、内容が違うのです。

 左が「完全翻訳版」右が「日本縮約版」

 最初「日本縮約版」を買いました。
 読んでて「なんかおかしいな~」と思ってたら、前半部分(形而上学)がばっさりカット!!!!
 なんでそんなことするの!!!

 わたしのようなわからんちんは、そういうことされると、まったくわからなくなってしまうのです。

 仕方ないので右の「完全翻訳版」も購入しました・・・。
 ホント、こういうのやめてほしい・・・。

 よく「超訳」とか「エッセンス」版という本がありますが、私の個人的な意見ですが、略されるとかえってわからないです。
 長いか難しいかということで、簡潔にまとめたものを出版するのだとはおもうのですが、アレってすでに分かっている人、理解している人にはいいのかもしれませんが、私のように「1回読んだぐらいでわからないアタマ」の持ち主にはかえってつらいです。

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
 購入をご検討の方は・・・・絶対こっちです。「完全翻訳版」のほうです。「日本縮約版」よりも1000円高いだけなので、最初からこっちです。

そして、ありがたい「キンドル」

キンドルオアシス裏面

 実は「キンドルオアシス」を愛用しています。
「キンドルがあっても本を買うの?」
とよく尋ねられますが、買います!

 キンドルは「何度も読まないと思われる本」や「線を引いたりしなくてもわかる本」などを読むときによく使っています。
 
 あとは「すぐ読みたいとき」です。
 続きものを夜中に読み終えて、ど~~~してもすぐに先が読みたいとき、ダウンロードしてすぐ読めるからです。そして「オアシス」は防水なので、お風呂で読めるのもありがたいのです。
 あと、「キンドルアンリミテッド」はありがたすぎて信者です。月に1000円程度で、いろんな本が読み放題。これは本当にうれしいです。
 雑誌などはモノクロでしか見れないし、画面が小さいので読むのに難しいのですが、それはキンドルのアプリのPC版をダウンロードして読んでいます。

 巻数の多い漫画とか(ワンピースは全部キンドルです)は、本の置き場に困らないので、私にとってはラクです。

 ただ、やっぱり、好きな本は紙で買っています。何度も読んだり、気に入ったところにふせんはって読みかえしたりする場合は、やっぱり紙です。キンドルにもしおり機能はありますが、ふせんはったり、線をひいたり、は紙の本のほうが圧倒的に読みやすいです。

キンドルオアシス ディスプレイ

 キンドルは広告なしのほうが絶対良いです・・・。
 Utubeでも、スポティファイでも、広告はほんと、集中力をそがれます。特に読書は!!

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 32GB 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

 今度「キンドル万歳」記事でも書こうかと思います。
 紙の本はやめられませんが、キンドルの使いやすさ、手軽さも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。